Search on the blog

2017年10月30日月曜日

GCPとjavascriptでaccess trackerを作る(3)

backend(リクエストを受けてpub/subに流すコンポーネント)がほぼ出来上がった。

https://github.com/Kenji-H/access-tracker-backend/tree/v0.9.2

進捗
  • google container engineのクラスタを立てた
  • deploymentとserviceの定義を書いた
  • READMEを書いた
  • alpineで動かすとgcpのライブラリのロードでこけることがわかったのでfixした

動作確認
データを投げる。
$ cat test.json
{
  "userid": "610KZ4G0CBTI419Y",
  "timestamp": 1509290846000,
  "pageid": "test-page-001",
  "browser": "chrome",
  "country":"japan"
}
$ curl -H 'Content-Type:application/json' -d @test.json xxx.xxx.xxx.xxx/pv

アプリケーションのログを確認する。
$ kubectl --namespace=backend logs -f access-tracker-backend-xxxxxxxx
received request for URL: /pv
success: {"userid":"610KZ4G0CBTI419Y","timestamp":1509290846000,"pageid":"test-page-001","browser":"chrome","country":"japan"}

pub/subにデータが流れたことを確認する。
gcloud beta pubsub subscriptions pull test --auto-ack --max-messages 1000
│ {"userid":"610KZ4G0CBTI419Y","timestamp":1509290846000,"pageid":"test-page-001","browser":"chrome","country":"japan"} │ 165859404777865 │            │

次やること
  • droneサーバを立てる
  • unittestを書く
  • CI/CDの設定をする

0 件のコメント:

コメントを投稿