Search on the blog

2018年10月14日日曜日

Full Houseで学ぶ英語表現

Full Houseで学んだ英語表現をメモしていきます。

日本語訳は英語の後に白字で書いています。
マウスで領域選択すると確認できます。

6-20 アダになった贈り物
ジョーイがDJに車をプレゼントしますが、その車が盗難車であることが分かり・・・

You bought a lemon, huh?  欠陥車を買ったんでしょ?
Do you have a pink slip? 車の所有権証明書はもってる?
It's an open-and-shut case. 極めて明白な事件です。

6-21 生放送は大混乱
3人目の子供を欲しいと思うジェシーだったが本当にそんな余裕あるのか・・・

Nicky used the baby pottyニッキーがおまるを使ったよ
I'm fresh out of slops. 残飯を切らしています。
I think all that mousse is seeping into your brain. ムースが全部あなたの脳みそに染み
Is his nose still all stuffed up? まだ彼は鼻詰まりなの?
Get off your butt. ケツを(床から)あげろ!
You got a heck of honk there. すごい鼻息だな。
That was way out of line. 言いすぎた。
Zip it. 黙れ。
Now works for me. 今が都合いい。

6-22 ユーワクの夜
DJとスティーブはプロムに参加するが、そこにはスティーブの元カノがいて・・・

Do you have any queens? Go fish. クイーン持ってる?ないよ。
You are on. その話、のった。
It's really uncool to be seen with chaperons. 保護者と一緒にいるのを見られるのはかっこ悪い。
I'll just go over there and straighten out my support hose. あの辺でストッキングのシワを伸ばしてるわ。
I've never seen him go five minutes without at least a Tic Tac. タブレットのお菓子なしじゃ5分ともたないわ。
Let me take a wild shot here. 当ててみましょうか。
I'm robbing the cradle. ずっと年下の若い子と恋人関係だ。
The truth is I was off by two years. 本当は2才サバを読んでるの。
My agent suggested that I drop a few years. 事務所が2,3才サバを読むように提案したの。
It's not my kind of thing. 私の好きなこと(やりたいこと)ではない。

2018年9月27日木曜日

implicationとはどういう意味か

 最近何度か implication という単語を耳にして、イマイチしっくり来なかったので調べてみた。暗示、含蓄という意味の他に、結果、影響、関連事項という意味があるらしい。

Privacy Implications of the Internet of Things
IoT技術のプライバシー影響

Performance implications of the architecture
そのアーキテクチャのパフォーマンス影響

The Security Implications of Open Data in Healthcare
ヘルスケアにおけるオープンデータのセキュリティ影響

〜によって引き起こされる影響、懸念事項くらいの意味があると覚えておくとよさそう。

以下の単語が同様の場面で使われる。

conclusion(結果)
ramification(予期しない結果・影響)
link(関連、関係)
entanglement(もつれ、絡み合い)

2018年9月17日月曜日

アメリカ就労ビザについて

 アメリカの就労ビザをとるのがどれくらい大変なのか調べてみた。


ソフトウェアエンジニアとしてアメリカで働きたい場合は、高度な専門知識を要する職業につくための「H-1B visa」というのを取るらしい。

  • 毎年4月に応募が開始される
  • 結果がでるのは10月
  • 期限は3年
  • 期限が切れたら再申請が必要
  • 取得時の専門分野と異ならなければ転職も可能
  • 応募数がvisa発行可能数を超えた場合は抽選が行われる
    • アメリカの大学院を卒業した人には優先枠が設けられている
  • 抽選に当たる確率(2018)は
    • アメリカの大学院を卒業していれば55%くらい
    • そうでなければ35%くらい
  • 年度によって応募数は変わり、抽選がない年もある
なるほど〜、入社試験をパスしてもvisa取れなかったら多分見送りとかになるのかな・・(よっぽど優秀な人であれば待ってくれるのかもしれないが)。

参考

2018年9月16日日曜日

Type I/II/III error

まえがき

先日参加したニューヨークのカンファレンスのキーノートで、あるデータサイエンティストが以下のように話し始めた。

「みんなご存知のとおり、検定には3つのエラーがあります。Type I error、Type II error、Type III errorです。」

あれ、Type III errorって何だっけな?となったので調べてみた。

TLDR

Type I error
  • 偽陽性
  • 帰無仮説を誤って棄却してしまうこと

Type II error
  • 偽陰性
  • 帰無仮説を誤って採用してしまうこと

Type III error
  • 帰無仮説を誤った理由によって正しく棄却すること

易しい解説

実験によってえられた結果が統計的に正しいかどうかを検証する作業を「検定」と言います。たとえば、「セミのオスとメスの平均寿命は異なる」という主張を証明するために実験をしたとします。

 このとき「セミのオスとメスの平均寿命は異なる」のように実験の結果として主張したい内容を「対立仮説」と呼びます。これに対し、主張したい内容と反対の仮説「セミのオスとメスの平均寿命に差はない」を「帰無仮説」と呼びます。

検定では「帰無仮説」が正しいとした場合に実験結果が観測される確率を計算し、その確率が十分に低い場合は「帰無仮説」が間違っており「対立仮説」が統計的に正しいだろうという結論付けをします。逆に実験結果が観測される確率が十分に低くない場合は、「帰無仮説」を棄却できず「対立仮説」が正しいとは言えないという結論付けをします。

セミの例で各種エラーを説明してみます。
本当はどうなのか分かりませんが、仮に「セミのオスとメスの平均寿命に差はない」というのが真実だったとします。

本当はオス・メスの差はないにも関わらず、たまたま実験結果に差が現れて帰無仮説が棄却されたとします。このような状況を「Type I error」と呼びます。

次に仮に「セミのオスの方がメスより平均寿命が長い」というのが真実だったとして話を進めます。

たまたま実験結果ではオス・メスの寿命に大きな差が見られず、本来棄却されるべき帰無仮説をたまたま棄却できなかったとします。この状況を「Type II error」と呼びます。

また、たまたま実験結果ではメスの方がオスよりも平均寿命が長く、帰無仮説を棄却したとします。帰無仮説を正しく棄却はできましたが、平均寿命の大小関係が真実と逆になっています。このような状況を「Type III error」と呼びます。

2018年7月21日土曜日

español 29


¿En qué puedo ayudarle?

「いらっしゃいませ」という表現だが、ayudarleとは何なのか?
辞書を引いてもayudar = to help という動詞は見つかるが、ayudarleという動詞はない。

同様に、

En qué puedo servirle?

という表現もある。

どうやら、不定詞、動名詞の場合は、動詞の後に目的語をくっつけてもいいらしい。

たとえば上の例だと、

¿En qué le puedo ayudar?

という風に目的語を動詞の前にもってくることもできるし、

¿En qué puedo ayudarle?

という風に動詞とつなげてもいい。

そもそもスペイン語の目的語を知らなかったので、この機会に覚えておく。
スペイン語の場合は、直接目的語/間接目的語で表現が違うらしい。

直接目的語
me nos
te os
lo/la los/las

間接目的語
me nos
te os
le les

español 28

 Hola a todos. Esta semana hace demasiado calor.

今日は買い物をするときに使える表現の続きを復習した。

市場にて
Quisiera cuatro lonchas de jamón.
ハムを4切れください。
- loncha = slice
- jamón = ham

Póngame un trozo de queso por favor.
チーズをひとつください。
- poner = to put, to give
- trozo = piece
- queso = cheese

Deme medio kilo de queso por favor.
チーズを500gください。
- deme = give me
- medio = half

¿Puedo probarlo?
味見しえてもいいですか?
- probar = to test, to taste

Está riquísimo.
美味しいです!
- riquísimo = delicious

服屋にて
Quiero este bolso.
このバッグが欲しいです。
- bolso = bag

¿Puedo probarme esto, por favor?
これを試着できますか?
- probar = to test, to taste

¿Dónde están los probadores?
試着室はどこですか?
- probadores = fitting room

¿Me queda bien este vestido?
このドレスは私に似合ってますか?
- quedar = to fit, to suit
- vestido = dress

¡Me lo llevo!
買います!
- llevar = to take

Es demasiado caro. ¿Tiene algo más barato?
それは高すぎます。もっとやすい別のものはありますか?
- barato = cheap

両替所にて
Quisiera cambiar dinero.
両替したいです。
- cambiar = to change
- dinero = money

¿Se puede cambiar dinero aquí?
ここで両替できますか?

¿Cuánto quiere cambiar?
いくら両替したいですか?

Quisiera cambiar cien dólares.
100ドル両替したいです。

¿Puedo sacar dinero con mi tarjeta de crédito?
クレジットカードでお金を引き出せますか?
- sacar = to take out, to remove

Necesita firmar aquí.
ここにサインしてください。
- necesitar = to need
- firmar = to sign



2018年6月30日土曜日

español 27

スペイン語の所有形容詞(adjetivo posesivo)について勉強した。

代名詞
まずは代名詞の復習から。
yo nosotros/nosotras
vosotros/vosotras
él/ella/usted ellos/ellas/ustedes

所有形容詞
mi nuestro/nuestra
tu vuestro/vuestra
su su

注意点
  • 所有されるものが複数の場合は、所有形容詞の後にも"s"がつく。
  • 所有されるものが女性名詞の場合は、nuestro -> nuestra, vuestro -> vuestraとなる。
例文

Mi casa es tu casa. 僕の家は、君の家だよ。(気楽にくつろいでね)

Ellos son mis amigos. 彼らは私の友達だ。

¿Este es tu libro? これは君の本ですか?

Nuestra casa es muy grande. 私たちの家はとても大きい。

Escriba su nombre aquí, por favor. あなたのお名前をこちらにご記入ください。