Search on the blog

2017年5月7日日曜日

Kさんの教え

 半年間一緒に働いたエンジニアのKさんの教え。

おれたちはソフトウェアを作っている
ハードウェアを作る場合は、綿密な計画、設計無しにものづくりを始めてはいけない。作り直しのコストが非常に大きいからね。でも、おれたちはソフトウェアを作っている。綿密な計画、設計をしているうちに作っちゃった方が早いよね。

必要以上に複雑にするな
ソフトウェアは使ってもらいながら進化していくものなので、最初から複雑にしすぎてはいけない。絶対必要なものに集中してとにかくシンプルなものからスタートせよ。

変更は小さく頻繁に
ソフトウェアの変更は細かく、高頻度に行うべき。一度に多くのものを変えようとするのはよくない。簡単な機能なのにすぐに変更、リリースができないなんて論外。

学びこそ至福の喜び
常に学び続けろ。新しいことを学ぶのがエンジニアの大きな喜びの一つだ。学ぶことをやめてしまったエンジニアに価値はない。

おまえはどうしたいのか
あの人がこう言った、あのチームの人たちはこう言っている、じゃない。
お前はどうしたいんだ?それが一番大事なことだ。

一心不乱に夢中になること
何かに夢中になっているヤツのまわりにいると、こっちもなんだか楽しい気分になってくるぜ。おれの会社の創業者もそうさせてくれるやつだった。

セキュリティと生産性のトレードオフ
セキュリティを厳しくしすぎると生産性が著しく低下する。両者はトレードオフの関係にあるけど、日本では生産性の問題が軽視される傾向にあるみたいだ。

(番外編)マラソン
マラソンはいろんなことを教えてくれる。精神状態をいかにコントロールするか、ペース配分をどうするかなど。

(番外編)やばたん
YABATAN知らないのか?日本語だぜ。若い女の子のことのこと分かってないんじゃないか?

2017年5月4日木曜日

便利な英語表現: To our best knowledge

 論文を読んでいるとよく出てくる表現。「我々が知るかぎり〜だ」と言うときに使える。

To our best knowledge, this is the first time that ....
我々が知るかぎり、....したのはこれが初めてだ。

To our best knowledge, our model is better than all previously published methods.
我々が知るかぎり、我々の手法は過去に発表された他の手法より優れている。