Search on the blog

2014年3月27日木曜日

EclipseでJavaを書くときに設定しておくべきもの

 Eclipseでワークスペース/プロジェクトを作成したときに、設定すべきものをメモしておく。主にフォントの設定、FindBugsの設定、Checkstyleの設定など。

1. 行数を表示
Window> Preferences> General> Editors> Text Editors
Show line numbersにチェック

2. 空白文字を表示
Window> Preferences> General> Editors> Text Editors
Show whitespace charactersにチェック

3. 等幅フォントにする(windowsなら不要)
Window> Preferences> General> Appearance> Colors and Fonts >Java >Java Editor Text Font
DejaVu Sans Monoを選択

4. FindBugsの設定
Window> Preferences> Java> FindBugs
Minimum rank to report: を20に設定

5. FindBugsの自動実行
プロジェクト右クリック> Properties> FindBugs
FindBugsを自動的に実行をチェック

6. Checkstyleのアクティベート
プロジェクト右クリック> Checkstyle
Activate Checkstyle

7. Checkstyleの設定
Window> Preferences> Checkstyle
Sun Checksをコピーしてチェック設定ファイルを作成する。作成したものをデフォルトに設定。必要に応じて、不要な(too muchな)チェックを外す。

Class Design - Design For Extension (これを外さないと、拡張されていないメソッドには全部finalかabstractをつけろと言われる)
Miscellaneous - Final Parameters (これを外さないと、変更されないパラメータには全部finalつけろと言われる)
Javadoc Comments - Package Javadoc (これを外さないと、package-info.javaを書けと言われる)

0 件のコメント:

コメントを投稿