Search on the blog

2011年7月23日土曜日

ビットマップで画像処理

C++を使ってビットマップで画像処理をして遊んでみた。

実はC++の画像処理は昔仕事でちょっとだけやったことがあった。そのときは友達がつくったライブラリを使っていろいろ処理をしていたが、せっかくなので、自分でも作ってみた。

この神サイトが最強なので、ビットマップのデータ構造については割愛。

上記のサイトを参考にC++でビットマップ処理クラスを実装してみる。

まずは、構造体とかクラスの定義とか。

#include <cstdio>
#include <iostream>
#include <cstring>

#define FILE_HEADER_SIZE 14 // ファイルヘッダのサイズ
#define INFO_HEADER_SIZE 40 // 情報ヘッダのサイズ

using namespace std;

/*
* ファイルヘッダー構造体
*/
typedef struct FileHeader {
uint8_t data[FILE_HEADER_SIZE]; // 加工前データ(書き出しのため必要)
string fileType; // ファイルタイプ
int fileSize; // ファイルサイズ
} FileHeader;

/*
* 情報ヘッダー構造体
*/
typedef struct InfoHeader {
uint8_t data[INFO_HEADER_SIZE]; // 加工前データ(書き出しのため必要)
int infoHeaderSize; // 情報ヘッダのサイズ
int width; // 画像の幅
int height; // 画像の高さ
int clrPerPixel; // 1ピクセル当たりの色数
int dataSize; // 画像データのサイズ
} InfoHeader;

/*
* ピクセルの色情報構造体
*/
typedef struct Color {
int r; // 赤成分
int g; // 緑成分
int b; // 青成分
} Color;

int bit2Integer(uint8_t b1, uint8_t b2, uint8_t b3, uint8_t b4);

/*
* ビットマップ処理クラス
*/
class BitMapProcessor {
FILE *bmp; // ビットマップのファイルポインタ
uint8_t *img; // ビットマップデータ(加工用)
uint8_t *org; // ビットマップデータ(読み込み時)
FileHeader fHeader; // ファイルヘッダ
InfoHeader iHeader; // 情報ヘッダ

public:
BitMapProcessor() {
bmp = NULL;
img = NULL;
org = NULL;
};

~BitMapProcessor() {
fclose(bmp);
delete []img;
delete []org;
}
void loadData(string filename);
void dispBmpInfo();
void writeData(string filename);
Color getColor(int row, int col);
void setColor(int row, int col, int r, int g, int b);
void restore();
int height() { return iHeader.height; };
int width() { return iHeader.width; };
private:
void readFileHeader();
void readInfoHeader();
void readBmpData();

};

次に、定義したクラス、関数の実装。

/*
* 4ビット情報をInt整数値に変換
*/
int bit2Integer(uint8_t b1, uint8_t b2, uint8_t b3, uint8_t b4) {
return b1 +
b2 * 256 +
b3 * 256 * 256 +
b4 * 256 * 256 * 256;
}

/*
* ビットマップデータをロードする
*/
void BitMapProcessor::loadData(string filename) {
if (bmp != NULL)
fclose(bmp);

bmp = fopen(filename.c_str(), "rb");
if (bmp == NULL)
printf("ファイルオープンに失敗しました。\n");

readFileHeader();
readInfoHeader();
readBmpData();
}

/*
* ファイルヘッダを読む
*/
void BitMapProcessor::readFileHeader() {
uint8_t data[FILE_HEADER_SIZE];
size_t size = fread(data, sizeof(uint8_t), FILE_HEADER_SIZE, bmp);

memcpy(fHeader.data, data, sizeof(data));
fHeader.fileType = "";
fHeader.fileType += data[0];
fHeader.fileType += data[1];
fHeader.fileSize = bit2Integer(data[2], data[3], data[4], data[5]);
}

/*
* 情報ヘッダを読む
*/
void BitMapProcessor::readInfoHeader() {
uint8_t data[INFO_HEADER_SIZE];
size_t size = fread(data, sizeof(uint8_t), INFO_HEADER_SIZE, bmp);

memcpy(iHeader.data, data, sizeof(data));
iHeader.infoHeaderSize = bit2Integer(data[0], data[1], data[2], data[3]);
iHeader.width = bit2Integer(data[4], data[5], data[6], data[7]);
iHeader.height = bit2Integer(data[8], data[9], data[10], data[11]);
iHeader.clrPerPixel = bit2Integer(data[14], data[15], 0, 0);
iHeader.dataSize = bit2Integer(data[20], data[21], data[22], data[23]);
}

/*
* 画像データを読む
*/
void BitMapProcessor::readBmpData() {
if (img != NULL)
delete []img;

int sz = iHeader.dataSize;
img = new uint8_t [sz];
size_t size = fread(img, sizeof(uint8_t), sz, bmp);
if (size != sz)
printf("画像データ読み込みのサイズが矛盾しています。");

// バックアップ用にorgに画像データをコピー
if (org != NULL)
delete []org;
org = new uint8_t [sz];
memcpy(org, img, sz);
}

/*
* ビットマップ情報の表示(デバッグ用)
*/
void BitMapProcessor::dispBmpInfo() {
cout << "■ファイルヘッダ情報" << endl;
cout << "ファイルタイプ: " << fHeader.fileType << endl;
cout << "ファイルサイズ: " << fHeader.fileSize << endl;

cout << "■情報ヘッダ情報" << endl;
cout << "情報ヘッダサイズ: " << iHeader.infoHeaderSize << endl;
cout << "画像幅: " << iHeader.width << endl;
cout << "画像高: " << iHeader.height << endl;
cout << "1ピクセルあたりの色数: " << iHeader.clrPerPixel << endl;
cout << "画像データのサイズ: " << iHeader.dataSize << endl;
}

/*
* ビットマップデータのファイル書き出し
*/
void BitMapProcessor::writeData(string filename) {
FILE *out = fopen(filename.c_str(), "wb");

if (out == NULL)
printf("書き出し先のファイルを開けません。\n");

fwrite(fHeader.data, sizeof(uint8_t), FILE_HEADER_SIZE, out);
fwrite(iHeader.data, sizeof(uint8_t), INFO_HEADER_SIZE, out);
fwrite(img, sizeof(uint8_t), iHeader.dataSize, out);

fclose(out);
}

/*
* 指定されたピクセルの色を取得
*/
Color BitMapProcessor::getColor(int row, int col) {
if (row < 0 || row >= iHeader.height)
printf("getColor(): rowが範囲外です。\n");
if (col < 0 || col >= iHeader.width )
printf("getColor(): colが範囲外です。\n");

int width = 3 * iHeader.width;
while (width % 4) // ビットマップの1列は4の倍数ビットからなる
++width;

int bPos = row * width + 3 * col;
int gPos = bPos + 1;
int rPos = bPos + 2;

Color color;
color.r = img[rPos];
color.g = img[gPos];
color.b = img[bPos];

return color;
}

/*
* 指定されたピクセルに色を設定
*/
void BitMapProcessor::setColor(int row, int col, int r, int g, int b) {
if (row < 0 || row >= iHeader.height)
printf("getColor(): rowが範囲外です。\n");
if (col < 0 || col >= iHeader.width )
printf("getColor(): colが範囲外です。\n");

int width = 3 * iHeader.width;
while (width % 4) // ビットマップの1列は4の倍数ビットからなる
++width;

int bPos = row * width + 3 * col;
int gPos = bPos + 1;
int rPos = bPos + 2;

img[rPos] = r;
img[gPos] = g;
img[bPos] = b;
}

/*
* ビットマップデータを加工前に復元する
*/
void BitMapProcessor::restore() {
memcpy(img, org, iHeader.dataSize);
}

あとは、適当にテストして遊ぶ。

/*
* テスト用関数(1)モノクロ化
*/
void twoTone(BitMapProcessor *bmp) {
for (int i = 0; i < bmp->height(); i++)
for (int j = 0; j < bmp->width(); j++) {
int ave = 0;
ave += bmp->getColor(i, j).r;
ave += bmp->getColor(i, j).g;
ave += bmp->getColor(i, j).b;
ave /= 3;

bmp->setColor(i, j, ave, ave, ave);
}
}

/*
* テスト関数(2)指定範囲の切り取り
*/
void extractArea(BitMapProcessor *bmp, int r0, int r1, int c0, int c1) {
for (int i = 0; i < bmp->height(); i++)
for (int j = 0; j < bmp->width(); j++) {
if (r0 <= i && i <= r1 && c0 <= j && j <= c1)
continue;
bmp->setColor(i,j, 255, 255, 255);
}
}

/*
* テスト関数(3) 色の反転
*/
void invert(BitMapProcessor *bmp) {
for (int i = 0; i < bmp->height(); i++)
for (int j = 0; j < bmp->width(); j++) {
int ave = 0;
int r = bmp->getColor(i, j).r;
int g = bmp->getColor(i, j).g;
int b = bmp->getColor(i, j).b;

bmp->setColor(i, j, 255-r, 255-g, 255-b);
}
}

/*
* テスト関数(4)モザイク化
*/
void mosaic(BitMapProcessor *bmp, int level) {
if (level <= 0)
level = 1;

for (int i = 0; i < bmp->height(); i+=2*level)
for (int j = 0; j < bmp->width(); j+=2*level) {
int r = 0;
int g = 0;
int b = 0;
int cnt = 0;

for (int x = -level; x <= level; x++)
for (int y = -level; y <= level; y++) {
int xt = i + x;
int yt = j + y;

if (xt < 0 || yt < 0 || xt >= bmp->height() || yt >= bmp->width())
continue;
++cnt;
r += bmp->getColor(xt, yt).r;
g += bmp->getColor(xt, yt).g;
b += bmp->getColor(xt, yt).b;
}

r /= cnt;
g /= cnt;
b /= cnt;

for (int x = -level; x <= level; x++)
for (int y = -level; y <= level; y++) {
int xt = i + x;
int yt = j + y;

if (xt < 0 || yt < 0 || xt >= bmp->height() || yt >= bmp->width())
continue;

bmp->setColor(xt, yt, r, g, b);
}
}
}

/*
* メイン処理
*/
int main() {
BitMapProcessor bmp;

// ビットマップデータのロード
bmp.loadData("kii.bmp");

// ビットマップ情報の表示
bmp.dispBmpInfo();

// テスト1. モノクロ化
twoTone(&bmp);
bmp.writeData("kii_1.bmp");
bmp.restore();

// テスト2. 指定範囲の切り出し
extractArea(&bmp, 200, 300, 100, 180);
bmp.writeData("kii_2.bmp");
bmp.restore();

// テスト3. 色反転
invert(&bmp);
bmp.writeData("kii_3.bmp");
bmp.restore();

// テスト4. モザイク
mosaic(&bmp, 30);
bmp.writeData("kii_4.bmp");
bmp.restore();

return 0;
}


こんな感じ。これはなかなか面白い!

かわいいっ!


やっぱ、かわいい!

ちょっとこわいけど、かわいい!

最高!
それでも、かわいい!

0 件のコメント:

コメントを投稿