Search on the blog

2018年9月17日月曜日

アメリカ就労ビザについて

 アメリカの就労ビザをとるのがどれくらい大変なのか調べてみた。


ソフトウェアエンジニアとしてアメリカで働きたい場合は、高度な専門知識を要する職業につくための「H-1B visa」というのを取るらしい。

  • 毎年4月に応募が開始される
  • 結果がでるのは10月
  • 期限は3年
  • 期限が切れたら再申請が必要
  • 取得時の専門分野と異ならなければ転職も可能
  • 応募数がvisa発行可能数を超えた場合は抽選が行われる
    • アメリカの大学院を卒業した人には優先枠が設けられている
  • 抽選に当たる確率(2018)は
    • アメリカの大学院を卒業していれば55%くらい
    • そうでなければ35%くらい
  • 年度によって応募数は変わり、抽選がない年もある
なるほど〜、入社試験をパスしてもvisa取れなかったら多分見送りとかになるのかな・・(よっぽど優秀な人であれば待ってくれるのかもしれないが)。

参考

0 件のコメント:

コメントを投稿