Search on the blog

2018年4月21日土曜日

A Survey on Real Time Bidding Advertising

元ネタ
A Survey on Real Time Bidding Advertising

気付き
- DSPはSSPから広告枠を買い付けていると思っていたが、厳密にはAd Exchangeから買っているらしい。SSPと思っていたサービスのサイトをよく見ると、確かにAd Exchangeと書いていた。

- 広告主からマージンをもらって儲けるOpen DSPと、自社の様々な事業の広告を配信して事業の売り上げ増加を目指すNative DSPでは戦略が違うので、その辺りを意識してサーベイする必要がある。

メモ
RTB広告の成長
- 2017年にはディスプレイ広告予算の29%を占める見込み
- 昔: プレミアムな在庫はオフラインで、残りはRTBで
- 最近: プレミアムな在庫もRTBで

DSPでは効率的な入札アルゴリズムが重要
- 最適な広告を選択する
- 最適な入札額を決める

DSPが目指すパフォーマンスの最大化
- インプレッション数
- クリック数
- コンバージョン数

DSPの時間制約
- 10〜100 milli sec
- 入札戦略を最適化するオフラインコンポーネント
- 前もって最適化された戦略を実行するオンラインコンポーネント

予算配分
- 複数の媒体
- DSP業者
- キャンペーン

オークション方式
- Vickery (セカンドプライス)
- OSP (オプショナルセカンドプライス)

フリークエンシーキャップの最適化
- RTBでは個々のクッキーに対してフリークエンシーを制御できる
- 広告主の予算の浪費を抑える

0 件のコメント:

コメントを投稿