Search on the blog

2016年10月24日月曜日

IndeedのTech Talkに行ってきた

 先週の木曜日、IndeedのTech Talkに行ってきた。「データに基づく意思決定のアンチパターン」というテーマでトークが行われた。内容自体も大変興味深いものだったが、発表、質疑応答から垣間見えるIndeedのカルチャーに感銘を受けた。それはデータドリブンでものごとが進むということと、失敗に寛容であるということだ。

 質疑応答の時間に、「間違った分析をしたとき、どのようにマネジャーに伝えますか?」というような質問がなされた。自分だったらいろいろと言い訳を考えるかもしれない。間違った分析をしてしまったのはしょうがないと主張するための理由を必死に探すかもしれない。

 この質問に対するIndeedのデータサイエンティストの回答はシンプルなものだった。「間違えをおかしてしまいました。この分析結果は誤りです。」あまりにシンプルな回答に会場には笑いが起きた。そのあと彼はこのように付け加えた。「間違えが許されない職場だったら僕は今日ここに立っていない。今までたくさんの間違えをしてきた。」

 これは失敗を正当化するものではない。エンジニアは失敗が起きないように真摯に課題に取り組むべきだ。しかし失敗は必ず起こる。失敗無くして成功はありえない。失敗を繰り返して成功したのなら、それは成功以外の何物でもない。

 彼は次のような話もしていた。「これまで失敗をしたことがないという人間には二種類の人間がいる。一つは本当に失敗をしたことがない人間。もう一つは失敗をしたことに気づいていない人間。」

 このような文化が日本のIT企業にも広まるといいなと思った。

0 件のコメント:

コメントを投稿