Search on the blog

2016年4月2日土曜日

便利なPythonライブラリ(1)Counter

 Counterを使うと、iterableの要素ごとの出現数をカウントすることができる。

サンプル
from collections import Counter
import numpy as np

counter = Counter(np.random.randint(10, size=1000))
print (counter.most_common())

実行結果
$ python counter.py 
[(6, 118), (8, 113), (9, 110), (1, 108), (3, 103), (4, 95), (0, 91), (7, 89), (\
2, 87), (5, 86)]

上のサンプルのようにmost_common()を呼ぶと出現回数の降順に(要素, 出現数)を取得できる。most_common()の引数に整数を渡すと、上位N件だけ取得することもできる。

0 件のコメント:

コメントを投稿