Search on the blog

2012年9月9日日曜日

gitチートシート

自分用メモ。

glossary
  • working tree: 実際にローカルで編集しているリソース
  • staging area(index): コミットする予定のリソースを格納する場所
  • local repository: 自分のPCにあるレポジトリ
  • remote repository: リモートにあるレポジトリ
  • HEAD: 最新のコミット
checkout
  • hoge.txtをindexの状態に戻す。→git checkout hoge.txt
  • カレントディレクトリ配下をindexの状態に戻す。→git checkout .
  • hoge.txtをHEADの状態に戻す。→git checkout HEAD hoge.txt
commit
  • 直前のコミットを修正する。(ログのコメントも修正可)→git commit --amend
config
  • デフォルトのエディタを変更する。→ git config --global core.editor emacs
diff
  • 空白文字の変量を無視して差分を取る。→ git diff -b
  • working treeとindexの差分をとる。 → git diff
  • working treeとHEADの差分を取る。→ git diff HEAD
  • working treeと1つ前のコミットの差分を取る。→git diff HEAD^
  • indexとHEADの差分を取る。→git diff --cached
  • 色を付けてdiffを見やすくする。→git diff --color
  • ファイルの内容は表示せず、ファイル名のみ表示する。→ git diff --name-only
reset
  • 直前のコミットを取り消す。(working treeには何もしない)→ git reset --soft HEAD^
  • 直前のコミットを取り消す。(working treeの内容もHEAD^の状態に戻す)→ git reset --hard HEAD^

0 件のコメント:

コメントを投稿