Search on the blog

2011年4月26日火曜日

知ってると便利なSTL(6) count

STL勉強シリーズ6回目。
今回はcountについて。その名の通り、コンテナに格納されている特定の要素の数を数えます。

使い方としては、以下の3つくらいでしょうか。
  1. ベクトルの中に、目的の要素はいくつあるか数える
  2. 文字列の中に、目的の文字はいくつあるか数える
  3. 配列の中に、目的の要素はいくつあるか数える
それぞれ、サンプルソースを載せておきます。

int main () {
vector<int> nums;

for (int i = 0; i < 100; i++)
nums.push_back(rand()%10);

for (int i = 0; i < 10; i++)
cout << count(nums.begin(), nums.end(), i) << endl;

return 0;
}



int main () {
string name = "tanaka tarou";

cout << count(name.begin(), name.end(), 'a') << endl;

return 0;
}



int main () {
double x[] = {0.0, 0.1, 0.14, 0.0, 0.3, 0.6};
int sz = sizeof(x) / sizeof(double);

cout << count(x, x+sz, 0.0) << endl;

return 0;
}

0 件のコメント:

コメントを投稿